審査を行なう | 海外キャッシュカードを選ぶ【フリーマネーで無駄遣いNO】

審査を行なう

お札と豚の貯金箱

信用情報機関への照会審査

キャッシングの審査には、信用情報調査があります。これはキャッシングローンの申し込み者が、これまでどのような返済実績があるのかを個人信用情報機関に照会をかけて情報を取得する審査です。何が分かるかというと、他の金融機関での借入金額や返済期日、契約の種類。延滞に関する情報、事故情報などが分かります。キャッシング会社の審査基準で、借入件数が3件まで申込できるとあれば4社から借りているとその時点で融資は断りなのです。また事故情報です。事故情報とは、任意整理や破産申立て、強制解約などといった情報です。これらは俗にブラックリストに載るといった言われ方をします。このような情報が登録されていると一発で審査断りなのです。

勤務先への在籍確認審査

キャッシングローンの審査では、勤務先への在籍確認があります。申込み条件としては安定した収入があることが条件ですので無職の方は申し込みできないのです。ですが、まれに仕事をやめているのに前職の会社名で申込をされたり、アリバイ会社を利用して申込をされる方もいるので、裏付けのために在籍確認をするのです。在籍確認の方法は、電話で行われます。ただここで不安なのが、会社に電話されるので借金をしているのがばれやしないかどうかということです。在籍確認は消費者金融の会社名でかけることはなく、審査担当者の個人名で電話をしてくれます。在籍しているかどうかの確認だけですので、それ以上なにか電話で探られるといったことはなく、プライバシーは配慮されています。


このエントリーをはてなブックマークに追加